大阪市鶴見区の内科・胃腸科・肛門科|胃カメラ・大腸内視鏡検査なら服部クリニック 
住所:〒538-0041 大阪市鶴見区今津北5-11-12 ACLクリニックモール 2階 
TEL:06-6180-8031

肛門外科

肛門外科で対応できる症状

肛門外科で対応できる症状
  • 肛門からの出血
  • 肛門の腫れ、かゆみ
  • 排便時の痛み
  • 血の混じった便が出る
  • 排便後も便が残った感覚がある
  • 少量の便の漏れ、粘液の漏れ
  • 肛門周囲のできもの

このような症状がある方は、恥ずかしがらずご相談ください。

肛門の構造

一口に「痔」といってもいろいろな疾患があり、それぞれ治療法が異なります。以下に例を示しますが、その前に、肛門の構造を簡単に解説しておきます。

肛門の構造

狭いお尻の穴を入って3センチぐらいで、パッと空間が開けるような広い直腸に達します。大体ここが直腸肛門線に相当し、ここに至るまでの狭いところが肛門管です。肛門管には途中、「しわしわ」の部位があり、ここが歯状線です。この「しわしわ」の谷間には肛門腺があり、窪みは「陰窩」と呼ばれます。
肛門管は括約筋がぐるりと取り囲んでいますが、内側が内括約筋、外側が外括約筋です。自分の意志で肛門を締めることができるのは外括約筋の働きです。

痔になりやすい人は?

以下に該当する方は、痔になりやすい傾向にあります。

  • 便秘気味の方
  • 排便時にいきむ習慣のある方
  • 排便にかかる時間が長い方
  • アルコールをよく口にする方
  • 刺激物をよく口にする方
  • デスクワーク時間の長い方
  • 立ち仕事をしている方

痔にも様々な種類がある

内痔核(いぼ痔)

内痔核(いぼ痔)歯状線より奥でできるイボです。出血やイボの脱出感が主な症状です。軟膏による治療が基本ですが、改善しない場合には外科的治療が必要となることがあります。

外痔核

外痔核歯状線より下で血豆ができ、肛門が腫れます。痛みが強く、青黒い血栓が透けて見えることもあります。治療は軟膏でほとんどが治りますが、血栓除去手術が必要なことがあります。

裂肛(切れ痔)

裂肛(切れ痔)いわゆる切れ痔です。お尻の拭き過ぎが原因となることもありますが、肛門がもともと狭いことが原因となることがあります。肛門が狭いと、便が出るときに押し拡げられて切れてしまうのです。慢性化した裂肛には手術が必要となります。

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍肛門歯状線のところにある陰窩から細菌が入り込み、内外括約筋の間などに膿の塊ができます。非常に痛みが強く、すぐに切開して膿を出す必要があります。局所麻酔自体も痛いので、当院では、仙骨硬膜外麻酔なども併用し、痛みの軽減に努めています。

痔瘻(じろう)

痔瘻(じろう肛門周囲膿瘍ができた場所から、お尻の皮膚に至るトンネルが慢性化したものです。基本的には、外科処置が必要です。

お電話でのお問い合わせ 06-6180-8031 初診の方事前受付(インターネット予約)はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 初診の方事前受付(インターネット予約)はこちら